中国転売で、無在庫販売! その1~無在庫販売の概要~

この記事は2分で読めます

hako

こんにちは、佐倉凛太郎です。

 

歯周病になりました。

 

歯周病って、本当に痛いんですよね。

歯茎から、血とウミが出てきて、頻繁に激痛が走ります。

歯医者曰く「ひど過ぎ!」とのことですが、、、

皆さんは、時々にでも歯医者に行って、検診を受けるようにしてみてください。

 

 

さて、そんなことはどうでもよく、

中国転売についてです。

 

今回は、

「無在庫販売」

についてです。

 

まず、最初に言っておきますが、

「無在庫販売」

よりも、

「通常の在庫販売」

の方が、儲かります。

 

特に中国転売においては、

これは間違いのない事実だと思います。

 

「初心者だから、まずは無在庫で~~~」

とか言う問題ではなく、

 

むしろ初心者の方こそ、在庫販売で、まずは転売の流れに慣れるべきです。

 

中国転売においては、

「無在庫販売」

の方が、

むしろ、難しいと言えると思います。

 

それでも、無在庫販売を行う意味がないわけではないです。

詳しく説明していきますね。

 

中国転売を無在庫で行うには、

まず、Amazonで普通に商品を出品します。

 

当然FBAを使うことはできないので、

FBAを使わないという設定で、商品を登録するわけです。

 

そうすると、普通に出品自体はされます。

 

Amazonより、商品注文の連絡が入ったら、

通常は、そこで自社の倉庫の商品を発送するのですが、

無在庫販売では、もちろん発送する商品が無いので、

急いでタオバオ代行会社に注文をします。

 

そして、無事、日本の倉庫まで商品が届いたら、

購入者の元へ発送する。

 

という流れです。

 

 

つまり、

 

●FBA利用時

1.リサーチ

2.仕入れ

3.商品登録

4.販売

5.注文受け

6.(自動でAmazonから発送)

7.入金

 

という流れが、

 

●無在庫販売時

1.リサーチ

2.商品登録

3.販売

4.注文受け

5.仕入れ

6.発送

7.入金

 

という流れになるわけです。

 

単純に、「仕入れ」のタイミングが動くということですね。

 

無在庫販売のメリットは、

何と言っても、

「在庫リスクがゼロ」

という点です。

 

つまり、やることさえちゃんとやれば、

100%利益が出る。損失を出す可能性が、限りなく低い」

という点です。

 

これは、圧倒的な強みに見えますよね。

 

しかし、大きなデメリットがあります。

 

それは、

「販売力が圧倒的に弱い。」

という点です。

 

次回は、より具体的な無在庫販売の方法と、

メリット、デメリットについて、深く掘り下げます。

——————————————————–
メルマガもやってます!
メルマガというより、メールでの副業講座に近いですが…

是非、登録してやってください。
メルマガ登録フォームへ

↓役に立ったと思ったら、こちらもポチっと応援お願いします。

人気ブログランキングへ
——————————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 0-10
  2. wakarimasenM
  3. クレーム
  4. 034
  5. 0-14
  6. 0-07
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。