中国転売における、不良品対応

この記事は2分で読めます

035

こんにちは、佐倉凛太郎です。

 

 

CMでやっているようなiPhoneのゲームを、

いくつかダウンロードして、やってみました。

 

ただ何故か、どのゲームも初回の起動には、めちゃめちゃ時間がかかるし、

長い時間かけて起動しても、

 

結局、

「よし!これから毎日ログインして、続けてやってみよう!」

とは、全然思えない。

 

誰か、面白いゲームを教えてください。

 

 

さて、そんなことはどうでもよく、

中国転売についてです。

 

中国転売を行っていくうえで、避けて通れないものがあります。

 

それは、

「不良品」!

 

一般的なイメージを裏切らず、

中国から仕入れた商品は、

残念ながら、一定の割合で、「不良品」が混ざっています。

 

これを、発生する可能性を0にすることは、

非常に難しいです。

 

ですので、

「なるべく発生する確率を抑えること。」

「発生した場合、迅速に対応すること。」

この2つが肝心です。

 

「不良品」

とは、タオバオで購入した商品が、

「壊れている、破損している」

「作りが、ものすごくもろい。実用に耐えないレベル。」

「偽ブランド品」

などであることを指してます。

 

「偽ブランド品」などは、論外ですが、

(※これは国内に持ち込んだだけで、罰せられる可能性すらあるので、
ブランド品をうたっている物は、絶対に仕入れないでください。)

 

「留め具が外れていた。」

「折れ曲がっていた。」

「破れていた。」

 

程度は、決して多くはありませんが、やはり一定の確率で発生してしまいます。

 

防ぐ方法としては、

 

「タオバオの中でも、信頼できるショップを選ぶ。」

「タオバオ購入代行会社に、しっかりと検品してもらう。」

「あまりに大量に購入しすぎない。」

 

などがあります。

 

特に、一つ目の「タオバオの中でも信頼できるショップ」

は地味に重要です。

 

タオバオの中では、購入者のレビューなどを参照して、

ショップごとにランクが付いています。

 

中国語を読むことは、やはり難しいので、

せめて、ショップごとのランクや、これまでの購入者の数を見ていくようにしてください。

 

実際に、問題が発生してしまった時の、Amazonユーザーへの対応などは、

まだ改めてまとめて書きたいと思います。

 

 

とりあえず!

タオバオから商品を仕入れる際に、

「金額」のみではなく、ショップの評価なども、

気にかけてみてください。

 

——————————————————–
メルマガもやってます!
メルマガというより、メールでの副業講座に近いですが…

是非、登録してやってください。
メルマガ登録フォームへ

↓役に立ったと思ったら、こちらもポチっと応援お願いします。

人気ブログランキングへ
——————————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 0-92
  2. 0-29
  3. 0-01
  4. 0-65
  5. 0-20
  6. 0-14
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。