中国転売での販売方法

この記事は2分で読めます

0-17

こんにちは、佐倉凛太郎です。

 

自分、本業はパン職人なので、

昨日、TSUTAYAで、以前にNHKでやってたドラマの

「真夜中のパン屋さん」のDVD

を全借りしてきました。

 

まだ2話までしか見てないけど、内容は、結構微妙…

ってか、あんまり面白くない…

でも、土屋太鳳ちゃんが可愛すぎるから、最後まで見られる気がする!

 

 

さて、

そんなことはどうでもよく、中国転売についてです。

 

今回は、非常に重要な、

販売方法について!

 

中国から、お安く商品を買ってきたは良いけど、

それを販売しないと、もちろんお金になりません。

 

その販売方法ですが、

大きく分けると、

以下の5つくらいの方法があります。

 

1.Amazon(Amazon FBA)

2.ヤフオク

3.その他のオークションサイト

4.自分のネットショップ

5.フリーマーケット

 

どれが良いのか、って話なのですが、

結論から言ってしまうと、

便利さ、集客面から言って、

圧倒的に、

Amazon

です。

 

コスト面に関して言えば、

ヤフオクなどのオークション系の方が勝っているのですが、

どうしても面倒くさいですしので、

自分は、

 

Amazon:85%

ヤフオク:10%

その他のオークション:3%

フリーマーケット:2%

 

という割合です。

 

「これからはじめたい!」という方は、

Amazonだけで、十分だと思います。

(ちなみに、フリーマーケットは、ほとんど休日の趣味、暇つぶしです。)

 

ただ、「Amazonでは、売れないもの」が時々出てきます。

これは、商標権関連で、他の競合ショップから、

「うちが、商標申請中なんよ!」

って怒られたりして、Amazonでの販売を断念せざるを得ないケースです。

 

最近は、そういったケースが時々出てくるので、

そういったものは、ヤフオクに流したり、

自宅に持ってきて、フリーマーケットで、

休日の趣味の材料にしたりしています。

 

とりあえず、

「Amazonで売るんだ」

ってことだけ、認識しておけば、OKですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 035
  2. 0-29
  3. 10-seisa
  4. 0-10
  5. 006
  6. 023
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。