転売で欠かせない重要な要素:倉庫はどうしよう…

この記事は1分で読めます

034

こんにちは、佐倉凛太郎です。

 

中国転売をやっていく上で、避けては通れないものがあります。

 

それは、

在庫

です。

(※正確には、在庫を持たずに販売する方法もあるのですが、

これは、中国転売には、あまり向いておらず、

どちらかというと、「欧米輸出」向きの手法なんです。

いずれ、このブログでも紹介していきますね。)

 

在庫は、中国転売に限らず、

物販関連ビジネスでは、発生し得るもの。

 

最初のうちは、自宅に置く、というのを考えても良いのですが、

僕は、オススメしません。

 

結論を言ってしまうと、

転送代行会社を、使います。

 

転送代行会社

がやってくれることは、

 

1.中国のタオバオで購入した商品を、受け取って

2.それを、会社の倉庫で管理しておいてくれ、

3.こちらが依頼を掛けたタイミングで、発送してくれる。

 

つまり、注文が入ったタイミングで、

転送代行会社に連絡をして、発送をしてもらうわけです。

 

結果的に、商品が自宅を経由することは、まずありません。

自分は、個人で転売をやっていた時から、

自分が購入した商品を、

目の前で見たことがありません。

(それは、なんかある意味悲しいですが…)

 

自宅で在庫管理している方などもいらっしゃいますが、

明らかにコスト以上の価値がありますので、

実践してみてくださいね~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 10-seisa
  2. denki
  3. 0-14
  4. 0-20
  5. 023
  6. 023
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。